スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QuakeLive Setup Guide

はい、こんばんは
CCDT5 1回戦敗退のyama56です。

今回QuakeLiveを始めるにあたり、Wikiで色々調べたんですが、
やっぱWiki見にくい。もう情報が散乱しすぎてよくわからないぜ。
Quake Live Wiki Japan
というわけで、始める際に整えるべき環境をまとめてみました。

プレイできるだけでいいや。」という人は見る必要無いでしょう。
QLやりたいけど対等に戦える環境整えるのメンドクサイ。」という人向けです。
QuakeLive Setup Guide
Step1.プレイにはFirefoxを。

QuakeLiveは動作にウェブブラウザを使います。
使えるブラウザは、IE、Safari、Firefoxの3つですが、
アドオンなどを入れて拡張でき、動作も安定しているFirefoxを選びましょう。

ちなみにFirefox互換のあるPaleMoonでも普通に動いてます。自分はこれを使ってます。

Firefox(PaleMoon)


Step2.FirefoxにQuakeLive用アドオンを入れよう。
Greasemonkeyというアドオンを入れて、Firefoxでスクリプトを使えるようにします。
その後、QuakeLive用のスクリプトを入れます。

Greasemonkey
Scripts by vith

スクリプト詳細

Quake Live Better Server Browser  
サーバーブラウザがリスト形式になります。
Quake Live Chat Mover  
フレンドとのチャット欄が広告の上になり、見やすくなります。
RAZ3R's Quake Live Training Map Launcher  
練習MAP起動リンク が追加されます。(上部文字メニューに)
Quake Live Tier Viewer    
自分のレベルが表示されます。(上部文字メニューの上に)
Quake Live Advanced Server Filter  
サーバーブラウザの空のサーバーの表示が薄くなります。
Quake Live Queue Timer  
QUAKE LIVE ページへの入場待ちの時間を表示します。



QuakeLive Demo player というアドオンを入れれば、
上部文字メニューにDemo Playerというリンクが追加されます。
DEMOの再生が容易になり、プレイリストも作成できて連続再生できるようになります。

QuakeLive Demo Player 1.3.1

なぜか僕の環境だと、上部文字メニューに追加されません。アップデートが原因なのかな?・・・。
なので、代わりにデモランチャーを貼っておきます。

QuakeLive デモランチャー


追加されてましたがクリックしても反応がありませんでした。
しかしコンフィグから自動でデモを撮る設定にしたところ、プレイリストが作成され正常に動くようになりました。

07/14追記
RAZ3R's Mapのスクリプトを無効にしたら問題なく動きました。
相性が悪いのかもしれませんね。


Step3.設定をしよう。
QuakeLiveでは、ゲーム内で設定する以外に、Configファイルを作って設定することができます。
こちらはWikiにとても詳しく載っています。
コンフィグ(QL Wiki)
二番煎じとなりますが、Configファイルを作って設定する方法について、まとめさせていただきます。


1.baseq3フォルダにautoexec.cfgを作ります。

baseq3フォルダの場所
C:\Documents and Settings\名前\Application Data\id Software\quakelive\home\baseq3 (Winxp)
C:\Users\名前\AppData\LocalLow\id Software\quakelive\home\baseq3 (WinVista)


baseq3フォルダは2つあるので気をつけてください。中身にqzconfigとrepconfigが入ってればOKです。

2.コマンドを書き込み。

作成したautoexec.cfgにコマンドを書き込みましょう。
必須コマンドだけ書いておきます。Wikiからの引用

seta com_allowConsole "1" //コンソールを使いやすく
seta cg_forceEnemyModel "keel/bright" //エネミーモデルは必須
seta cg_fov "113.0" //自分がやりやすい視野に
seta cg_zoomfov "41.0" // 〃 zoom
seta cg_bob "0" //走るときの画面の揺れをオフに
seta cg_kickScale "0" //撃たれたときの画面が揺れをオフに
seta cg_autoswitch "0"//拾った武器を自動で持ち替えない



autoswitchはWikiの必須コマンドに入ってませんでした。
他にも色々ありますが、重要度が微妙で、数が多すぎるので細かく設定したい方はWikiを参照してください。


Step4.HUDを入れよう。

HUDとは、QUAKE LIVE のプレー画面上に表示される、ヘルス・アーマー・武器・スコアなどなどの事です。
※ 武器リストはまた別ものです。


Wikiにはこう書いてありました。
要するにユーザーインターフェイス画面のことですね。これがQuakeLiveだとユーザー側で自由に変更できます。
時間を見やすくできるので、時間にルーズな僕は大助かりです。
今回は日本で有名なuNleashed先生のHUDを借りてゲーム画面を見やすくしちゃいましょう。
5/23更新
uNleashed先生がUPしていたHUDには、タイムやヘルスの表記が時々消えてしまうという致命的なバグがあったので、現在私が使用しているHUDで説明します。

大抵の人はbaseq3フォルダの中に、uiというフォルダを作って
その中にHUDファイルを入れてるみたいなので、その方法でいきましょう。

baseq3フォルダの場所
C:\Documents and Settings\名前\Application Data\id Software\quakelive\home\baseq3 (Winxp)
C:\Users\名前\AppData\LocalLow\id Software\quakelive\home\baseq3 (WinVista)


先程書いた場所と同じですが、もう一度書いておきます。

この中にuiという名前のフォルダを作り、

HUD by wicher

こちらからDLした、dziubekhud.cfgとdziubekhud.menuを入れます。
そうしたら、先程編集したautoexec.cfgに

seta cg_hudFiles "ui/dziubekhud.cfg"


を追加しましょう。


以上で、QuakeLiveが以前より便利にプレイできるようになると思います。
GL & HF !

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

ナイスPOST

活用させていただいております。

ってか、QL面白いんだけどホント過疎ってるよね

No title

>J
活用してもらえるだなんて光栄です:D

>ってか、QL面白いんだけどホント過疎ってるよね
そうですね、newbieな僕には厳しい環境です・・・。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。